食物アレルギーと診断されたときの戸惑いはもちろんですが、今後、「何を食べればいいの?」、「何を食べさせてあげたらいいの?」という不安が募るばかり… 食物アレルギーの治療の一環として、アレルゲンとなる食品を除去することは重要ですが、単なる除去では栄養面の不安はさることながら、日々の食の楽しみを失う原因の1つとなります。

アレルギーがあっても食べられるものはいっぱいあるんだよ! そんな食材探しの不安が、少しでも解消されるお手伝いをできたらなと思っています♪

ただし、微量混入により重篤な症状を示す方は、直接製造元もしくは取扱店と直接、相談をして下さい。これらの商品取引に関して、何らかの問題が生じても、当方では責任が一切もてません。注意・免責事項を確認の上、各自でご判断下さい。また、サイト内の記事に関しても、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。このブログの本サイトは、こちらです♪ また、カテゴリーを細分類しましたので、商品検索にお役立て下さい
template design ゆいっぴー


2005年10月21日

アレルギー・アトピーっ子のために、鮮度・質を考えた鶏肉選び♪



アレルギーがあると、肉類の素材選びには苦労することが多いと思います♪ 卵アレルギーがあると、鶏肉に対して、症状がでやすくなります。まったく関係がないという先生もいますが、少なからず、共通抗原性のあることがわかっているようです。タンパクアレルゲンによる発症例も多いのですが、それよりも一般市場に流通している肉の質や鮮度の問題で症状が出やすくなっているようです。

つまり、鶏肉に与えられる餌に抗生物質や抗菌剤を含んだ飼料が与えられていて、それが間接的に、アレルギー・アトピーっ子の体に影響を与えているようです。そのため、鶏肉選びには、なるべく、そういう飼料を利用していないものを選ぶ必要があると思います。


そこで、今日見つけたのが、とり農園! この農園のモットーは、下記の通りだそうです。

◇生産から販売まで、自分たちの手で行ないます。
◇飼料薬品・食品添加物は一切使用致しません。
◇処理後、2時間以内に急速冷凍して、鮮度の良いまま、発送!

消費者との間に、仲介業者を介さないため、処理後、数日を経過したものが届けられる心配がないそうです。そのため、生でも食べられる鶏肉の販売もしております。もちろん、アレルギーっ子および授乳中の方は、いくら鮮度が良い肉でも、生は厳禁ですから、充分に加熱して食べると、質的にも鮮度的にも良いのかもしれません(生で食べられる、本格派の逸品を参考♪)。

アレルギーっ子の離乳食、除去解除のためには、特選素材にある、ささみやむね肉が他の部位よりも脂肪分が少なく、抗原性も若干低くなると思います。


  

ささみ         むね肉


これらを2度湯でして、3度目にゆでたスープやゆで肉からはじめると、案外順調に食べられるようになったりするのかもしれません。単価も割りとローコストなので、試してみる価値ありかな〜と注目したので、メモ代わりに紹介しました!


◇とり農園の楽天ショップも見つけました→こちら
posted by びびあん♪ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 副食(肉類・魚類・加工品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。