食物アレルギーと診断されたときの戸惑いはもちろんですが、今後、「何を食べればいいの?」、「何を食べさせてあげたらいいの?」という不安が募るばかり… 食物アレルギーの治療の一環として、アレルゲンとなる食品を除去することは重要ですが、単なる除去では栄養面の不安はさることながら、日々の食の楽しみを失う原因の1つとなります。

アレルギーがあっても食べられるものはいっぱいあるんだよ! そんな食材探しの不安が、少しでも解消されるお手伝いをできたらなと思っています♪

ただし、微量混入により重篤な症状を示す方は、直接製造元もしくは取扱店と直接、相談をして下さい。これらの商品取引に関して、何らかの問題が生じても、当方では責任が一切もてません。注意・免責事項を確認の上、各自でご判断下さい。また、サイト内の記事に関しても、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。このブログの本サイトは、こちらです♪ また、カテゴリーを細分類しましたので、商品検索にお役立て下さい
template design ゆいっぴー


2006年01月21日

低アレルゲン米 No.2(高度精白米)

前回は低アレルゲン米として、レトルトご飯(ケアライス・Aカットごはん)を紹介しました。これらは酵素処理や高圧処理・塩類溶液での洗浄によるアレルゲン(アルブミン・グロブリン)の分解・除去をしたものでした。明らかな米アレルギーの症状が出ている場合は、こちらがおすすめですが、症状が軽度もしくは除去解除にむけての場合、タンパク量がこれらより多いけど、普通精白米よりは少ない高度精白米を用いることがあります。これらは普通精白米が玄米を約10%表面を削ってあるのに対し、玄米を約20〜30%削ったもので、そのことにより、全体のタンパク量を少なくしたものです。これらには下記のようなものがあります。


グロブリンカット ゆきひかり(65%精米)
  グロブリンカット ゆきひかり(65%精米)2kg

低価格に挑戦!米アレルギーの方に!低アレマインド70

低アレルギー米(きぬひかり) (現在売切れですが、来秋の米ができる頃入荷予定)

続きを読む
posted by びびあん♪ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 主食(米・雑穀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

低アレルゲン米(レトルトパック2種類)

低アレルゲン米とされるものには数種類ありますが、今回は簡単に利用できるレトルトタイプの3種類について紹介したいと思います。

<ホリカフーズ>
ケアライス
ケアライス

<越後製菓>
A−カットごはん

上記の低アレルゲン化処理法を簡単に紹介します♪

<ケアライス>
酵素処理により、アレルゲンとなる米タンパク(グロブリン・アルブミン)を極力おさえたもの。タンパク量はあとで示しますが、よく使われる低アレルギー米の中で最も低いものとなっております。味質は3つのレトルトタイプの中では、最もおいしいと思うので、米はコシヒカリ(揃)かなと思います(推測)。ただ、酵素を用いた処理のため、まれに、この酵素に反応して、症状を起こす場合があります。

★成分表示は、こちら♪ 

<Aカットごはん>
高圧処理と洗浄により、米タンパク(アルブミン・グロブリン)を95%選択的にカットしたものです。酵素を用いていないため、普通米に近い風味を残しています。ただ、多少ぱさつき感があるため、パックに少し水を入れて、電子レンジにかけるか、鍋で1度煮た方がおいしく食べられます。

★成分表示はこちら♪ 
★米の画分による比較は、こちら
続きを読む
posted by びびあん♪ at 05:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 主食(米・雑穀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。